2002  HARU_M のページ

 ネパール旅行  2002年4月  

ネパールでも ホテルの建築・設計を手がけている楜澤氏に誘われ思い切って出かけました。

楜澤氏をリーダーに夫人の「れい子さん」 絵を画く「みどりさん」

美大をこの春卒業したばかりの「ひろかさん」そして私の五人です。

関空からの直行便も有りますが、今回はSQを利用しシンガポールで乗り継いでいきました。

      
     国の紋章   国鳥=雷鳥   国の動物=牛  国花=石楠花

昨年の秋にも声をかけて下さったのですが、皇太子が国王を殺害?した事件があった
直後でしたので、一寸ためらうものが有り、今回になりました。

ネパールはヒンズー教が国教ですが、今回行きましたカリガンダキではチベット仏教徒が多く、
カトマンズでは、ヒンズー教と仏教が、混ぜんと溶け合って、多くの神々が祀られています。

コバン村のタカリー族は周辺の村のタカリー族の発生地ですが、
現在は今回泊ったトゥクチェ村が本拠地になっています。
このタカリー族は、 トラチャン, ゴーチャン, セルチャン, バッタチャンの
4つの氏族があります。今回はトラチャンにお世話になりました。
商売に秀でた才能があり、トゥクチェの集落には矩形の平面を持つ
立派な家が建ち並んでいます。トゥクチェのところで御覧下さい。

公立の学校は10年制の義務教育ですが、中央と地方の間には学力の差が大きく、
問題になっています。校舎は有っても教室に照明は無く、教科書も少なく、良い先生も
山間には来てくれません。コバン村の学校も同様ですが、校長以下先生全員が頑張って
います。で、楜澤さんも応援しています。ネパールの学校では英語を教えているので、
日本の中学生に絵本を英訳させて、それをネパールに贈ることを考えているそうです。
(以上楜澤さんからの受け売りです)

日程

交 通

ヒマラヤの山々

4月7日・カトマンズ

4月8日・カトマンズ盆地

4月9日・ポカラ

4月10日・ジョムソン・トゥクチェ

4月11日・カロパニ

4月12日・ヌワリコット・コバン

4月13日・トゥクチェ−2

4月14日・ジョムソン 15日・ポカラ/カトマンズ

4月16日・バクタブル

出会った人々 1

出会った人々 2

おわりに

目次へ

広告 [PR] 高収入  メイク 美容家電 無料レンタルサーバー