カラヴァッジョ展を観に東京都庭園美術館へ

是非観に行きたいと思っていたカラヴァッジョ展に 2001年12月7日 行ってきました。

カラヴァッジョの生誕430年「日本におけるイタリア2001年」の開催を記念して、

彼の代表作ほか、日本初公開となるカラヴァッジョとその追随者たちの作品38点により、

バロック絵画誕生の頃を紹介しています。

カラヴァッジョは1571年に誕生し1601年に亡くなりましたが、多くの画家たちに影響を与え、

「カラヴァッジェスキ」と呼ばれる追随者たちを生み出しました。西洋美術史上に革新を

もたらしたカラヴァッジョの深い精神性は、ルーベンスベラスケスレンブラント

17世紀の画家たちにも受け継がれ、バロック絵画として新たな展開を迎えることとなりました。

(パンフレットからの受け売りです。)


写真をクリックすると建物の説明になります。

 
         パンフレットは彼の代表作
 
「果物かごを持つ少年」 です。

展覧会を観てから庭を散歩しました。

 玄関の前に不思議な

 彫刻がありました。

 何かなと思ったら

 彫刻の野外展でした。

 写真をクリックして下さ
 彫刻展の案内版です。

 

今年の2月に行ったときには大雪の日で、庭全体が真っ白でそれはそれで素晴らしい眺めでした。

今回は紅葉には少し遅れましたが、赤い葉っぱが日に映えて美しく輝いていました。


綺麗にかりこんだ かえで も紅葉していました。


茶室は何か会合が終わってお掃除をしていました。


写真をクリックするとバラの花が大写しになります。


椿


?

雪の庭園美術館は ルネ・ラリック展 を御覧下さい。

index へ

 

広告 [PR] 高収入  メイク 美容家電 無料レンタルサーバー