通崎睦美(選)展を観に和敬塾本館へ
2005年5月22

メル友の T 氏からのメールで

和敬塾本館(旧細川侯爵邸) で 通崎睦美(選)展〜通崎好み が開催されている事を知り出かけました。

    

 和敬塾本館(旧細川侯爵邸)は、細川家第16代細川護立によって昭和11年(1936年)に建てられた
昭和初期の代表的華族邸宅です。
 設計は大森茂、臼井弥枝が担当し、英国チューダー様式を基本としています。
戦後一時連合軍に接収され、一部改修されました。
平成10年3月に東京都指定有形文化財の指定を受けました。

玄関ホールは卍崩し、花頭窓等、随所に和洋折衷の意匠が散見されます。

昭和30年(1955年)、和敬塾が前川喜作により設立された際、
旧細川侯爵邸敷地約7000坪および本館を購入し、敷地内に学生寮を建設しました。
 和敬塾では、本館を塾生の教養講座の活動の場として、
また、外部の有識者を招いてのシンポジウム・講演会を開催し、今後も塾生の知育、
徳育の場として積極的に活用を勧めながら、文化財としての保存を考えており、
 また、本館では音楽会、演劇、絵画・彫刻展を随時開催しているようです。

玄 関
  

ロビー吹き抜けの階段や窓に法隆寺の高欄をもとにした卍崩しのモチーフが使われています。
右は床のモザイック。
  

夫人の部屋に飾られたタイルのモザイックで作られたベッドカバーとワンピース。
右の写真をクリックすると説明になります。
    

  

  

洋室・和室 に展示された和服です。

  

  

   

    

平岡養一氏愛用の木琴。
   

アンティーク着物コレクター・エッセイストとしても知られる、京都在住のマリンバ奏者 通崎睦美さんの、

通崎好みコンサート ―― マリンバと木琴 ―― 

がこの下のホールで21日と22日に開かれるようでしたが、チケットは完売とか。
日本を代表する往年の木琴奏者・平岡養一さんのレパートリーが
通崎さんの演奏で、その愛用の木琴と共に甦るそうです。

戸矢崎満雄氏のボタンのインスタレーシヨン。

インスタレーションとは、
〔原義は、取り付け・据え付けの意〕現代芸術において、
 従来の彫刻や絵画というジャンルに組み込むことができない作品とその環境を、
総体として観客に呈示する芸術的空間のことだそうです。


上の写真をクリックして下さい。

  

いろいろと眼の保養をさせて戴きました。知らせて戴きました T 氏に感謝いたします。

通崎睦美さんについては下のHPを。

http://www.npo-rprogram.jp/tsuuzaki/whois.htm

 index へ

 

広告 [PR] 高収入  メイク 美容家電 無料レンタルサーバー