「塔のへつり」と「大内宿」へ 

2008年11月5日 くらぶツーリズムの


うれしい2食つき!お昼は松廼家の特製弁当
日本の原風景・錦秋の大内宿と天然記念物・塔のへつり
浪漫旅情・紅葉の会津ローカル列車

と言う日帰りバス旅行に友人と出かけました。

王子・・・・塔のへつり・・・・大内宿・・・・湯野上温泉駅・・(列車)・・会津田島駅・・・・王子

 
塔のへつり                               大内宿


バスは池袋から板橋区役所を周り王子にきます。池袋ですと7時集合・王子なら7時40分集合。
早稲田から都電で30分掛からずに行く事ができますので、王子集合のにしました。

那須高原サービスエリアで休憩。

バスは紅葉の中を順調に進みました。

 


[1] 塔のへつり

11時20分到着。先ず見晴台から説明を聞きながら素晴らしい眺めを見下ろしました。

国の天然記念物に指定されています。

 へつり とは、方言で
 川に沿った断崖、急斜面 のことだそうです。

100万年以上という長い年月の
浸食と風化によって大川の断崖が
削られてできた奇岩、怪石の景観です。

象塔岩[ぞうとういわ]

獅子塔岩[ししとういわ]

鷲塔岩[わしとういわ]

など名がつけられた12の岩(塔の岩)があります。

 

岩の下には遊歩道がつくられ、吊橋を渡って侵食された部分を巡ることができます。

 

 

 

 

 

吊橋のたもとに虚空蔵菩薩[こくぞうぼさつ]が祭られています。

 

対岸から見た見晴らし台です。

 

 途中でバスに積み込まれたお弁当です。

中身は掛け紙の通りでした。

煮物の人参は冷凍物で、

凄く不味かったです。

塔のへつりから大内宿までの間、

バスの中で戴きました。

いなりずしもご飯が固くて・・・。

30分程で大内宿につきました。

[2] 大内宿 へ  

   

広告 [PR] 高収入  メイク 美容家電 無料レンタルサーバー